Hiroshima Prefectural Kake High School
広島県立加計高等学校

広島県山県郡安芸太田町加計3780-1 電話:
0826-22-0488

校長 挨拶

 加計高等学校のホームページにアクセスしていただき,ありがとうございます。
本校は,広島県北西部の中山間地域である広島県山県郡安芸太田町に位置しています。最近では「手付かずの自然が豊かで、古き良き文化が残り,穏やかな人柄でのおもてなし」を生かし超VIPの外国人観光客をおもてなすツアーが組まれていたり,広島市中心部から高速道で1時間未満という近さから,のんびり子育てをしたいという「I・Uターン」で定住が促進されています。

 本校の歴史は,大正11年、前身である八重実業学校加計分校が地域の主要産業である農林業を担う人材の育成を目的として設立認可されたことに始まります。これを母体として昭和 3年に県立加計実業学校が設立され,昭和23年には戦後の学制改革に伴い広島県立加計高等学校と改称され現在に至っています。

 本校は現在,普通科3クラスと小規模ですが,これまでに9,000名を超える卒業生を送り出した歴史と伝統をもった学校です。本校に対する地元からの期待は大きく「加計高校を育てる会」「同窓会」「PTA」「安芸太田町」から多大な御支援を頂き,また平成26年 4月には「加計高校活性化地域協議会」を立ち上げ,本校のより一層の魅力づくりに地元あげての応援をしていただいているところです。

本校の使命の一つは、
「ルールを守る」・「マナーを守る」・「日本の心を守る」の3ステップを達成し「かわいがられ・地域貢献できる人材育成」を目指しています。
「かわいがられる人材育成」とは「トコトンこだわりを持ってやっていれば必ず人は感動して動いてくれる」という意味で,そのために総合的な学習として「探究活動」を設定しています。「地域貢献できる人材育成」とは「自分の所属する場所を知り絆を作り自らも貢献できる」という意味で,そのために「地域創生」を旗印に地域の資源をテーマにした「地域ボランティア活動」を設定しています。

 生徒が学んでよかった,保護者が行かせてよかったと思える学校であり続けるために,また地域とともに歩む学校であり続けるために,教職員一同、全力で取り組んで参ります。
今後とも変わらぬ御理解と御支援をよろしくお願い申し上げます。

「探究活動」
本校の総合的な学習の時間で行っています。社会に出ると異年齢が当たり前ですので,1~3年混合の異年齢集団で一つのテーマに沿って知恵と工夫を駆使し「考えることによる互習互学」を目指す科目としました。本年度は,「菌類研究」「園芸農業」「生活文化」「国際理解」「地域観光・伝統音楽」「森林を考える」の 6つの講座を開講します。
「地域ボランティア活動」
本校では地域と連携し,積極的にボランティア活動を展開しています。かつては,当たり前のように地域を知り,地域でかわいがられて育っていました。その雰囲気がまだ色濃く残るこの地で古き良き教育ができています。